聖セシリア小学校
  • 教育目標
  • 教育の特色
  • カリキュラム
  • 体験学習
  • 年間行事
  • 講 習
  • 中学校への進学
カリキュラム
英語科
英語


聖セシリア小学校の英語
 本校では、子どもたちが「英語は楽しい」と実感しながら、「自然に」英語の意味を捉え、少しずつ自分の考えや思いを伝えることができるようになるような指導を行っています。子どもは、生まれたときから母語のシャワーを浴び、その中で聞こえた言葉を各自のペースで拾い上げ、真似ることで母語を獲得していきます。この「聞こえたことを真似する」言語習得能力は、年齢が低いほど高く、中学・高校と年齢を経るごとに困難になっていきます。その事実に基づき、本校では、子どもたちの能力を最大限に活かすためにListeningとSpeakingに重点を置き、状況にあった英語をたくさん聞かせ、日本語とは異なる英語のリズムや発音、語順などに触れさせています。


Listening ~聞いた英語を推測する力~
 英語の授業は全て英語で行います。日本語による英文法の解説はしません。テキストの各単元に出てくる表現を用いる場面を作り出し、子どもたちがその意味を自然に理解できるように工夫しています。こうした中で、子どもたちは知っている単語を頼りに意味を推測する力を次第に身につけていきます。同時に、英語の文法も自然に習得していきます。


Speaking ~英語らしい音で話す力~
 授業では、テキストだけではなく、歌や早口言葉を取り入れながら、英語をたくさん聞かせ、日本語とは異なる英語のリズムや発音、語順に触れさせています。聞いて、真似するこの過程を経て子どもたちは自然に、英語特有の発音やリズムを習得していきます。


Reading ~文字と音を結びつける力~
 子どもたちに繰り返し聞かせた単語や短文を文字にして、見せると、子どもたちはその文字を「読めた」と錯覚します。そのことが自信となり、さらに英語を読んでみようという意欲につながり、文字が自然に読めるようになっていきます。


Writing ~発音と文字のルールを見つける力~
 小学校の段階ではスペリングの指導は行いません。しかし、英語を充分に見聞きしている子どもたちは、catがkから始まらないことなど、スペリングのルールに自然に気づいていきます。


→国語科  →算数科  →理科  →社会科  →生活科  →音楽科
  →体育科  →図工科  →宗教科  →英語科  →家庭科  
ページトップへ