学校感染症/登校許可証明書の提出について

学校では学校保健安全法に基づいて、下記の病気にかかった場合やその疑いのある場合、学校での蔓延・流行を防ぐため、出席停止の扱いになります。病院を受診し、下記の病気と診断された場合は、すぐに学校へご連絡ください。病気が治癒し登校する際には、医療機関にて登校許可証明書に記入いただき、必ずこの証明書をご持参ください。

・インフルエンザ※1 ・百日咳 ・麻しん(はしか) ・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) ・風しん ・水痘 ・咽頭結膜熱 ・結核 ・腸管出血性大腸菌感染症 ・流行性角結膜炎 ・急性出血性結膜炎 ・その他の感染症

※インフルエンザにかかった場合は、「登校許可書」ではなく、「インフルエンザ治癒報告書」をご提出ください。

※「インフルエンザ治癒報告書」は医療機関ではなく、保護者の方がご記入ください。

※「登校許可証明書」及び「インフルエンザ治癒報告書」は「届け出書類」のページよりダウンロードするか、学校に取りに来てください。(書類を郵送またはFAXでも可)