校長ブログ(8月)

 夏休み、毎日3食の準備に努めていらっしゃることと思います。

 聖セシリア小学校の昼食はお弁当です。ご家庭で作れなかった時には学校で手作りの仕出し弁当を注文することもできます。

 お弁当作りには手間ひまがかかります。何を作ろうか、何の材料を買ってこようか、喜んで食べてくれるだろうか、栄養は足りるだろうか、などなどいろいろと考えることから始まります。そして子どもがお弁当に箸をつける時、作ってくださった方の愛とつながります。その時には気づかなかったとしても、愛は体を通して子どもの心に届きます。

 聖書には「最後の晩餐」をはじめとして、イエスが人々と食を共にする場面がたびたび出てきます。食を大切なこととされたからでしょう。本校では食事の前と後にお祈りをします。「神様、私たちの心と体に大切な力となる食べ物を感謝していただきます」「神様、おいしい食べ物をお与えくださいましてありがとうございました」。目に見えない神様への感謝であると同時に、目に見えるお弁当を作ってくださった方への感謝の言葉でもあります。





タグ: