朝の校庭は、舞い散るイチョウに光が当たりキラキラしています。その中を早く登校した子どもたちが走ったりボールを蹴ったりしています。待降節が始まり、校内にはツリーやリースが飾られました。

 過日、国語演習の授業が終了した時「ああ疲れた、あっという間の時間だった」という声が聞こえてきました。私は顔には出しませんでしたが、内心「やった」と喜んでいました。

 授業が終了したときに聞こえてくる「ああ、疲れた」の「疲れ」には、授業に真剣に参加できたことによって感じる快い「疲れ」と、授業がつまらなく45分間イスに座らされたと感じる苦痛の「疲れ」の2種類があります。本来、時に苦しさを伴いつつも思考することや実技することにはおもしろさを感じるものです。真剣にそのものと向き合うとき、私たちは集中し、緊張します。その緊張がほぐれたときに、快い疲れが訪れます。

 学校の中心は授業にあります。快い「ああ疲れた」の声が聞かれる授業は年に何回もありません。

 「凡庸な教師はよくしゃべる。よい教師は説明する。すぐれた教師は自らやって見せる。そして、偉大な教師は心に火をつける。」とはアメリカの学者William Arthur Wardの言葉です。その域に達するにはまだまだです。




1/28(土)実施の入学試験(C日程)と編入学試験の説明を中心とした「ミニ説明会」を下記の内容で実施いたします。お気軽にご参加ください。

日  時 : 2022年12月17日(土)        9時00分~10時00分(受付8時30分より) 場  所 : 本校 八角堂 内  容 : ・教育方針及び教育内容について       ・入学試験(C日程)と編入学試験について

      ・校舎見学        ※終了後、ご希望の方は個別相談をお受けします。 申し込み : こちらから申し込みください。(12/12まで)       ※お電話でも申し込みできます。お気軽にお問い合わせください。       TEL :046-275-3055(平日9:00~16:00)

※お申し込みはC日程または第3回編入学試験を受験希望の方のみとさせていただきます。 ※当日はマスクの着用と受付での検温と手指の消毒にご協力ください。 ※お子様もご一緒に参加できます。 

※詳細はこちらをご覧ください。   



6年生がハンドベルとクワイヤチャイムを使い、パッヘルベル作曲 の「カノン」に挑戦しました。

3つのメロディグループと伴奏グループに分かれ「他のグループのメロディを聴きながらグループごとにメロディを奏でる」という難易度の高い演奏でしたが、さすがチームワークのよい6年生。全員が息を合わせ、安定したテンポで演奏することができました。


※当日の様子はこちらをご覧ください。(動画)